正しくEDを理解する


EDの最新情報を集めるには

EDも原因や治療法を説明した情報サイトが多くあり、今ではそういったカテゴリーも広く知られるようになりまし。

EDの最新情報を集める

たとえば、情報サイトの中にはEDの症状を詳しく説明しているサイトがあります。
そういったサイトをのぞいてみると、クリニックでの治療法や数多く存在する治療薬のジェネリック医薬品についても知ることができます。
ただ、雨後の竹の子のようにサイトが出現しだしました。
共通するのは、個人が運営していてまとめサイトのような形式をとっていることですね。

良い情報と悪い情報の見極めが大事

こういった情報サイトの欠点は、しっかりとした知識がなく、情報にも裏付けがなされていない場合があることです。
ひどいと他のサイトの内容を丸写しして外観だけ変えたというところもあります。
また、情報が古いだけでも考えものですが、現在では薬事法に抵触するようなことも掲載しているのは痛恨ですね。
もし、治療法やジェネリック医薬品などの最新情報を収集したい場合は、掲示板形式のサイトがオススメです。
基本的に書き込んでいる人はEDに悩む人ばかりですから、具体的な体験談や海外における治療の現状を知ることができます。

 

ジェネリックを見極める

EDの治療といえばバイアグラですが、現在はバイアグラの他、シアリスやレビトラといった治療薬もあり、一部の国ではジェネリック医薬品も登場しています。
日本ではまだED治療薬のジェネリックは販売されていませんから、個人輸入で購入している人が多いようですね。

レビトラ

風邪薬でもそうですが、成分が同じでも特許がある先発品よりもジェネリック医薬品の方がはるかに安い傾向にあります。
また、日本ではバイアグラは25mgと50mgの錠剤しか認可されていませんが、海外では100mgの錠剤も流通しています。

海外ジェネリックの方が格安で購入できる

当然ながら、単価あたりの価格は容量が多い方が安くなりますので、服用量を理解している人はピルカッターで分割して服用しているそうです。
ただし、個人輸入だから安くて当然、ジェネリック医薬品は安いというイメージから、極力安く購入できるルートを見つけようとするのは危険です。
ED治療薬を取り扱っている業者の中には、偽物であったり、偽物をジェネリック医薬品であると紹介して販売していることがあります。
こういった業者に共通する点は、相場の半額程度という価格です。
別に偽物をつかまされるだけなら人生勉強になりますが、重篤な健康被害も報告されていますから、笑い話ではすまないこともありますで注意しましょう。

EDが高じてコレクターになる

EDの苦しみからすぐに脱出したいと思ったとき、一時的にですがED治療薬が解放してくれます。
ただ、専門のクリニックに行き、医師の診断のもと処方してもらわなければならないので、経済的に困難という人や、誰にも知られたくないという人もいます。
そこで、個人輸入を代行する業者を通じてバイアグラなどを購入する人は少なくありません。
それが高じてコレクターになってしまうこともあるようですね。

本当に効果のある治療薬は3種類しかない

何故かというと、医療機関で処方されるED治療薬は現在3種類しかないからです。
一部のネットショップでは、この3種類の他、ジェネリック医薬品の販売が認められている国の商品や、精力剤や効果が定かではないような媚薬の類も扱っています。

ジェネリック医薬品

当初はインポテンツの改善のため購入していたのに、気がついたら色々と購入していたという。
また、こういった背景から、EDではないのにセックスのアイテムとして購入している人も出てくる始末です。
本末転倒な気もしますが、こういった奇特な人の存在もあり、ED治療薬や同じような効果をもたらすEDについての口コミやレビューにより、以前よりも身近な存在になっているようですね。